車検切れの車 売っても大丈夫?

車を売るなら車検を通してから?車検切れでも大丈夫?

車を売りたいと思ったけれど、そういえばもうすぐ車検だった…。

 

そういった場合、車検は受けるべきなのでしょうか?
それとも、車検を通さずに売ってしまった方がいいのでしょうか?

 

すでに車検が切れてるなら、通さずに売るべし!
まだ少しでも車検が残ってるなら、車検切れの前に売るべし!

 

 

■車検の必要性■
車を乗るときには必ず車検が必要、と法律で定められています。
そのため、車を売るときも車検は必要なのだと思いますよね。

 

しかし、車の所持自体に車検は関係ありません。
車検がないと公道を走れなくはなりますが、買取業者に出張を頼めばいい話ですし、
事前に話をすれば牽引車で運んでくれます。

 

 

■車検切れの減額は■
そうはいっても、
車検切れ間近の車がある場合は、車検が切れる前に売ってしまいましょう。
なぜなら、車検切れは査定にも関係してくるからです。

 

車検切れだと、通常より5万円くらい減額されてしまいます。
似たような期間なのに、車検の有無だけでこれだけの差が出るのなら先に売ってしまったほうがお得です。

 

■実際に車検を受けると■

車検切れの5万円という数字はどこから出てくるのでしょうか。

 

わたしたちが車検を受けると、車種にもよりますが大体8〜15万円ほどの費用がかかります。
しかし、買取業者は独自の工場や取引先がある場合が多く、格安で車検を受けることができます。
そこから計算して5万円という値引き額が提示されているのです。

 

とすると、
10万円ほどの金額を出してわざわざ車検を通すくらいなら、
車検切れで売って5万円の減額査定を受けたほうがいいということになります。

 

細かいことかもしれませんが、
車検を受けると手数料以外にも壊れたパーツの修理や交換に余分な費用がかかることがあります。
この費用も上乗せされることになるので、車検が切れそうな車や切れてしまった車は
断然車検を受けないことが推奨されます。

 

車検が切れる前に売る、また切れてしまったら車検は受けずに売ってしまう
と覚えておきましょう。

 

査定する前にちゃんと車検切れだと申告して、余計な手間をとらせないことも好印象のポイントですよ。

 

 

>>>新車買うなら下取りじゃなく買取で!査定額65万円UPの真実