査定アップの対象になるパーツ

査定UPの対象となるパーツ 対象外のパーツの見分け方

査定のとき、どんなパーツが金額アップになるのでしょうか。

 

金額アップの基準は、需要があるかどうか。購入したときに、
あったら嬉しいと思うものが金額アップしやすいと思っていればいいでしょう。

 

金額アップになりやすいもの

純正エアロ、本革シート

メーカーやディーラーの純正品は購入時しかつけられないことも多く、人気があります。
特に、希少なメーカーオプションのエアロセットは人気で、買取アップの可能性が高いでしょう。
純正品であれば、本革風のシートも金額があがる可能性もあります。

 

バックカメラ・モニタ

車庫入れや駐車に重宝するため、需要は高いです。
誰でも活用できるので、査定価格も上がりやすいでしょう。

 

サンルーフ

一定の層から需要が高いため、上がる可能性があります。

 

金額アップになりにくいもの

社外マフラー・エアロ・ホイール

社外品は、品質や取りつけの面で査定に響くことがあります。
純正品があるときはその旨を伝えてみましょう。

 

ルーフキャリア

スキーやスノボを楽しむ方には必需品です。
しかし、特別これがあったから査定に関係することはあまりありません。

 

ECU

スポーツカーだと査定が高くつきそうに感じますが、メーカー保証、エンジンへの負担の面で、査定が上がることはありません。外して部品を売ると高く売れるので、先にパーツを外しておきましょう。

 

LED埋め込み

個人で設置したパーツは、運転席にスイッチがあるなど工夫されていても、一般的にはあまり好まれません。
状態によってはマイナス査定になるときもあるので、先に外しておきましょう。

 

 

■査定の前に■
査定で価格が上がらないようなものは、先に取り外しておきましょう。
品物によっては、オークションで高値の取引をされていることもあります。
多少の手間はかかりますが、ヤフーオークションなどで売ってみてはどうでしょうか。

 

また、カーナビ、ステレオは無い場合や取りはずす場合に査定が下がることがあります。
高いカーナビをつけていて新しい車に乗せ替えたいときは、査定にどのくらい響くかを先に確認してみましょう。

 

最近よくあるチャイルドシートに関しても査定はまちまちです。
ファミリーカーでは上がりやすいとも言われていますが、キズや凹みがあるとマイナスになりがちです。
そちらも確認をしたほうがいいでしょう。

 

>>>プリウス新車購入!最大限値引きで購入する方法!