ローンが残ってても車は売れるの?

ローンが残ってる車でも売ることはできます!

車を売りたい!
でもまだローンが払い終わってないし…。

 

そのような車でも名義を自分に変えれば、売却することができます。

 

 

一度、車検証の所有者の欄を確認してみましょう。
名義がディーラー、もしくは信販会社になっているなら、自分が所有者ではないので、勝手に販売することはできません。

 

 

そのため、ローンが残った車は

 

「一括でローンを返す」

「ローンを組みなおす」

 

ことでいったん自分に名義変更をし、売却できる状態にします。

 

 

@一括でローンを返す

車を売って手に入る予定のお金を先にもらい、ローンを払ってしまう方法です。
ローン残高が0になると所有者は自分にうつるので、売買が可能になります。

 

この際、実際に手元に入る金額は、売却利益からローンを払った残りになります。
もし売却価格よりローンが多い場合は、残りを追加で支払います。もしくは、残りの金額をローンで組みなおす方法になります。

 

 

 

Aローンを組みなおす

ローンのある車を売却し、新しく車を購入するときはこの方法。
いったん買取業者にローンを立て替えてもらい、売却する車の名義を自分にします。
それから、立て替えてもらったローンの残りと新しく買った車の金額を足して新しいローンに組みなおします。

 

このとき、新しいローンを組むので新たに審査が必要となる点は注意しておきましょう。

 

 

■車を売る時にローンが残っていることを正直に伝えよう■
ローンで購入した車は、所有者がディーラー、もしくは信販会社になっています。
名義変更やローン残高処理は買取業者が行うので、査定の際には素直にローンが残っていることを伝えましょう。

 

手続きをするときに必ずローンの有無はわかります。
先にきちんとローンの話をしたほうが、親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

 

ローンが残っていると知ると値段を下げようとする業者もいますが、
最近は業者もあまり安いと売ってもらえないとわかっているので、
ローンで値段を下げない業者もきちんといます。

 

何件か見積もりをとって、値段を比較してから売りましょう。

 

>>>プリウス新車購入!最大限値引きで購入する方法!