車売却時にはキズ、凹みは直すべき?

車のキズや凹みは直してから売った方がよい!?

車を買い取るときに、やっぱりきれいにしておいた方がいいのかな…。
とお悩みの方はたくさんいらっしゃいます。
買取査定の前にキズや凹みは修理しておいた方がいいのでしょうか。

 

結論をいうと
キズや凹みは直さなくて大丈夫です。

 

キズや凹みを直さなくていい理由

■車のキズや凹み■
駐車場で隣の車にドアをこすってしまった、電柱にぶつけてしまった…
など大きな事故ではなくてもささいなことで車にキズはついています。
走行に支障がないから今まで修理してこなかったようなものも確認すると案外あるものです。

 

もちろん、そのようなキズや凹みも、査定のときに必ず担当者が確認しますし、
もちろんキズや凹みは査定にマイナスに響きます。

 

だとすると、先に修理しておいた方が高く売れるのでしょうか。

 

■修理にかかる費用■
もし、自分で修理するとなると、まず何を用意しなくてはいけないでしょうか。
ワックス?コンパウンド?
もし購入するとして、それらはいくらかかりますか?

 

実をいうと、どれだけがんばって修理しても、修理代のほうがかかってしまいます。
買取業者にとっては、中古車の修理なんて日常的なもの。

 

キズや凹みを安く修理する部門や取引先を独自ルートでもっています。
それを踏まえたうえでの査定ですので、わざわざ修理しても修理代金より高くは査定されません。

 

■素人修理はやめておこう■

「どうせ材料持ってるから、コンパウンドで磨く程度なら…」
お金もかからないし、キズも見えなくなるし、断然やったほうがいいと思ってしまいますよね。
しかし、簡単なものだとしても自分で修理するのはオススメできません。

 

いくらキズが見えなくなるからといっても、しょせん素人のする修理。
塗装や色のムラができてしまう危険性があり、あまりいいとはいえません。
下手をすると、磨くことで査定が下がってしまうかもしれないので、キズや凹みには手を出さないほうがいいでしょう。

 

金額、状態のどちらの面からみても、
車の修理に関しては、やはり買取業者はプロですので、
へたな小細工をするよりはきちんと申告してみてもらう方がいいですね。

 

 

>>>新車買うなら下取りじゃなく買取で!査定額65万円UPの真実