車買取と下取りの違い

車買取と下取りの違い?

新しい車を買うのに、今乗っている車を売りたいとき、あなたはどうしていますか?
車を替えるときは、どのような方法があるのでしょうか。

 

車を変えるには、「車下取り」「車買取」の2つがあります。

 

■車下取りとは■
車下取りとは、新しく車を買うディーラーに今まで乗っていた車を引き取ってもらうことです。
車を買う、売るが一度でできて手間がかからないというメリットがあります。

 

もともとディーラーが新しい車を買ってもらう手段として、車下取りが始まり、以前まではこの下取りが主流でした。

 

 

■車買取とは■
車買取は、下取りとは違って新しい車の購入とは関係なく車を売却することです。
テレビCMで有名なガリバーやアップル、T-UPなども買取をしている業者です。

 

 

■下取りと買取どちらがお得なの?■

もし、車を高く売ろうと思うなら、車買取をオススメします。

 

ディーラーが下取りをする理由は「新しい車を買ってもらうため」なのに対して、
買取業者が買い取りをする理由は「自分が持っている車を売ってもらうため」です。

 

ディーラーにとっては下取りに出す車には興味はありませんが、
買取業者は中古車市場や海外など次のビジネスに使うために車が欲しいのです。
どちらのやり方が高く売れるかは、もう答えが出ていますよね。

 

 

下取りでは、新しい車が値引きできない分を下取り金額で補填するようなやり方もしていますが、
他の買取業者がどれだけ高く買い取るとしても下取り価格は変わりません。

 

 

また、買取の場合、人気装備がついていればそのぶん売値に反映されます。
下取りでは装備などはあまり関係がありません。
このことからも複数の買取業者に査定してもらい、一番高く買ってくれる店で売るのがいいでしょう。

 

車買取で注意すること!

ただし、注意することが1つだけあります。
買取業者は、車の相場に基づいて金額を決めてきます。
 
そのため、売るタイミングによっては低い査定になることもあるので、
あなたの愛車の相場を確認して、高く売れるタイミングで売るのがいいでしょう。

 

 

>>>プリウス新車購入!最大限値引きで購入する方法!